海外FX業者アイフォレックスが使える!


そもそも海外FXの魅力ってなんでしょうか


sdsf7u 国内の25倍レバレッジに物足りなさを感じた人や、高性能チャートに魅かれた人など海外FX会社に口座開設をする人は様々です。

・最高1000倍ものレバレッジ

海外FXと言えば、まず間違いなく出てくるのがこの高レバレッジです。FXをやっている人ならば知っていることでしょうが、国内のFX会社ではレバレッジに制限がかかっています。最高で25倍までと制限がかかっているのは、金融危機の際に資産の大半を失った人や破産した人などが出た理由で、金融庁から規制がかかりました。当時は100倍以上のレバレッジをかけられるところも多かったのですが、初心者が無理な投資を行った結果と言えます。しかし、そもそもレバレッジはリスクが高くなるというデメリットがある反面、少ない資金で運用できるというメリットもありました。ですから、高レバレッジとは資金をたくさん持たない人にとって利益を減らす結果となってしまったのです。海外FXでは国内の規制対象外ですから、より自由な取引を求める人を中心に口座開設を行っているのです。

・ロスカットの安定性

FXでは通常ロスカットシステムがありますから、資産額がマイナスになることはほとんどありません。しかし、一定数の確率で資産額をマイナスにすることはありますから、そのためにもロスカットの安定性は絶対条件となります。

もともとFXは海外が主流の金融取引です。ですから、システムに関してもどうしても本場の欧米系企業の方がよりスムースな仕組みを取っている可能性があります。もちろん国内の会社がそこまで劣っているとは思いませんが、ロスカットに関して言えば国内の会社には不安があるのも事実です。その点「0カットシステム」と呼ばれる資産が0になると強制的にロスカットをしてくれる仕組みを取っている海外FX会社は資産運用の観点からも魅力的と言えます。新しい金融商品として「オーストラリアハイロー」に特化したトレーディングシステムも登場しています。

・デメリットももちろんある

メリットばかりだと不安に感じる人もいるでしょうが、もちろんデメリットもあります。その一つが本籍地の不透明さです。通常FX会社は国内であれ、海外であれどこかの国で会社申請をしているはずです。国内のFX会社の場合は金融庁の許可等ですぐに分かるのですが、海外となると登録のやり方が複雑で、あとは海外のことを知らない人が多いですから、「有名だから」などと安易に登録してしまい、資産を失いこともあります。

さらに海外にある会社ですから日本語対応に不安がある場合があります。それでも通常日本でサービス展開するのに日本語対応していないなどは論外ですからそのような会社は登録前に確認しておく、などの防衛策も重要です。どのような場合でも自己管理は重要です。ですから「何も知らない」ことで後悔するよりも自分で情報を集めて行動した上で自分の資産を守る気持ちが重要です。それができるからこそ、海外FX会社でより自由な資産運用が可能になるのです。


デイトレードのメリット


FXや株取引で、デイトレードをしている人がいます。デイトレードと言うのは、一日の範囲内で利益を出す取引の事です。デイトレードのメリットはいくつかありますが、最大のメリットと言えば、大きな損失を被る事がない所です。

デイトレード以外の方法で取引をしていると、取引時間外に大きな悪い材料が出てしまうと、次の取引までに大きな損失になってしまう事があります。ですがデイトレードならその日の内に取引を済ませてしまいますから、大きな損失を被らすに済むのです。